Top >  健康食品 >  豆乳は健康・美容に最適。粉末豆乳 280g

豆乳は健康・美容に最適。粉末豆乳 280g

豆乳は健康・美容に最適。粉末豆乳 280g
豆乳は健康・美容に最適。粉末豆乳 280g
価格: 1,280円
販売元: バイタミンワールド

■食前の飲めば効果高まる。粉末豆乳の有効成分このように、数々の長所のある粉末豆乳は、現在、一部の病院で給食や栄養剤としても利用されています。粉末豆乳は、コップ一杯(約200ml)の水に大さじ1?2杯(15?30g)を入れてよくかき混ぜて飲むのが基本です。他の飲み方としては、牛乳に入れたり、紅茶やコーヒー、みそ汁などにいれたりして飲んでもいいでしょう。また、シチューやカレー、ハンバーグに入れたり、天ぷらやフライの衣に混ぜたりして摂る方法もあります。※ダイエット目的で粉末豆乳を摂る場合は1日に1?2回、食事の30分前にコップ1杯ずつ摂るようにすると、サポニンや食物繊維の働きで食欲が抑えられ、より効果が高まります。大豆を原料とした豆乳は健康・美容に最適な飲み物として大きな人気を呼んでいます。そうした豆乳ブームの中にあって、大豆の有効成分が丸ごと摂れておいしいと特に評判になっているのが今回ご紹介する粉末豆乳です■普通の豆乳の短所大豆を煮て搾ったものですが、不溶性(水に溶けない性質)の食物繊維をはじめ、大豆たんぱくやイソフラボンなどの有効成分の約2割が取り除かれています。つまり、搾りかす(おから)として捨てられてしまうのです。食物繊維や大豆たんぱくは、肥満の解消には欠かせない成分です。中でも、脂肪燃焼効果の大きい大豆たんぱくは、100g中の大豆に約40gも含まれています。これらの有効成分を十分に摂取できないというのは、なんとももったいない話といわざるをえません。また、同じく脂肪を燃焼効果のある脂質のレシチンも、過熱する過程で変性しやすく、十分には摂取できないといわれています。豆乳にはいくつかの種類がありますが、糖分を加えた「調整豆乳」や、糖分と果汁を加えた「豆乳飲料」などは、飲みやすい代わりに、栄養分が十分に摂れません。では、何も加えていない「無調整豆乳」が一番いいかというと、先に述べたように、おからとして捨てられる部分があり、大豆の有効成分が余さずはいっているわけではないのです。このような、豆乳の短所を解決することができないかというニーズが高まり、大豆を丸ごと使った豆乳が作れないものか、いろいろと模索されてきました。しかし、その大半は、内容物が沈殿しやすく、飲み口も悪いため、ほとんど市販されることはありませんでした。■普通の豆乳では十分摂れないレシチンも豊富粉末豆乳の最大の特徴は、大豆を丸ごと微粉末にしたことです。大豆の栄養を少しも損なわずに、しかも、お湯はもちろん、水にでも簡単に溶けて飲みやすくなったのです。※大豆の粉末といえば、きな粉を思い浮かべる人も多いでしょう。確かにきな粉も優れた食品です。しかし、製造工程で加熱・焙煎されるので、せっかくの有効成分も酸化されやすく、効果も減少します。レシチンもこの加熱の段階で変性してしまう恐れがあるのです。しかも、一般に、大豆を粉末にする場合、大豆の脂質を取り去って脱脂大豆にしてから加工しています。ところが、粉末豆乳は、大豆を丸ごと微粉末にしてあるので、大豆に含まれるレシチンなどの脂質や脂質に溶け込んでいるビタミンEなども、そっくりそのまま含まれています。もちろん、その他の栄養成分も大豆に含まれているのと同じ量だけ含まれていることになります。(財)日本食品分析センターの分析によると、粉末豆乳の成分のうち42.2%をタンパク質・22.2%を脂質・ミネラル(無機栄養素)の鉄、カルシウムなどを豊富に含み、脂肪の燃焼を促すビタミンB2、ナイアシン、B6などのビタミンB群のほか、ビタミンEが100g中29.5%も含まれています。また、食欲を抑え、余分な脂肪の排泄を促すサポニン(食物繊維の一種)や、イソフラボン、オリゴ糖など大豆特有の有効成分がたくさん含まれています。

豆乳は健康・美容に最適。粉末豆乳 280gをご紹介します。

こちらのレビューを少し読んでみました。

すごく人気がありそうな商品ですね。オリジナルな使い方をされてる方もいらして面白かったです。

やはりみなさん同じような悩みをお持ちなのだなと感慨にふけってしまいました。

普段お暮らしの中では美容と健康に気を使うって難しいものがあります。

その点豆乳は健康・美容に最適。粉末豆乳 280gのような商品を利用して補うというのは非常に大切なことだと思いました。

一度豆乳は健康・美容に最適。粉末豆乳 280gについて詳しくご覧になってみることをオススメします。

 <  前の記事 信頼・実績No,1!大正製薬の健康食品です。リビタ 大麦若葉青汁(3g×30袋)  |  トップページ  |  次の記事 デオドラント革命―新版・体臭多汗の正しい治し方  > 

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症対策まちがえないで 関連商品」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。