Top >  多汗症治療 >  自律神経失調症からくる多汗症

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

デトランスα
医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント。ヨーロッパでもリピーターが続出!深刻なワキのニオイ、汗に本気で悩んでいる方のために開発されました。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

自律神経失調症からくる多汗症

自律神経失調症からくる多汗症の症状も見られるように、多汗症には病気から起こる症状もあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つがバランスよく働くことにより健康が保てます。
ところが交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れてしまうと、倦怠感、疲労感などが強くなったり、過剰なストレス状態が続いたりといった、いわゆる自律神経失調症の特徴的な症状が現れてくるのです。
緊張したりストレスを感じたりした時に、交感神経は発汗を促します。
多汗症は、交感神経が敏感になる事が原因で汗を多くかきます。
しかし自律神経が正常に働かないと、交感神経がいつものように活動しただけで多量の汗をかくことに繋がってしまうのです。
多汗症の症状は、自律神経失調症によっても引き起こされるといわれています。
ですので、自律神経失調症を改善することにより、多汗症も改善されることが期待できるのです。

 <  前の記事 多汗症対策とエチケット  |  トップページ  |  次の記事 多汗症とわきがと年齢の関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症対策まちがえないで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。