Top >  多汗症治療 >  多汗症治療と心療内科

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

デトランスα
医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント。ヨーロッパでもリピーターが続出!深刻なワキのニオイ、汗に本気で悩んでいる方のために開発されました。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

多汗症治療と心療内科

精神的な緊張が、交感神経の働きを活発にさせることにより多汗症が起きる、これの原因のひとつにあげられています。
もし多汗症の症状で、精神的なことが考えられる場合には、多汗症対策として心療内科を受診することになります。
心療内科での治療では、自己催眠法で心身をリラックスさせ、自律神経のバランスを整える治療法である自律神経訓練法といわれる療法があります。
この治療法での効果は、交感神経の働きを整え、汗の量を減少させることができます。
また他に、自律神経失調症でも多汗症の症状である汗が多く出ることがあることから、自律神経失調症で処方される自律神経調整剤などを内服する方法も、病院の診療内科で行う多汗症の治療法のひとつにあげられます。
これから考えても、病院の診療内科での多汗症の治療は、原因が精神的な面から起きる多汗症を解消する治療法だといえます。

 <  前の記事 多汗症の臭い対策(クロロフィリン配合サプリメント)  |  トップページ  |  次の記事 汗対策とその方法  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症対策まちがえないで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。