Top >  多汗症治療 >  内視鏡外科手術

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

デトランスα
医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント。ヨーロッパでもリピーターが続出!深刻なワキのニオイ、汗に本気で悩んでいる方のために開発されました。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

内視鏡外科手術

体のいろいろな部分で多汗症という症状はみられますが、掌に多く汗をかう手掌多汗症というのもあります。
このように、手のひらの多汗症を治療する手術には内視鏡外科手術があります。
内視鏡外科手術とは、皮膚を小さく切開し、そこから皮下にカメラのついた細い管をいれ、患部を見ながら手術するという方法です。
脇の下の皮膚を2〜4ミリほど切り、胸腔にカメラを入れます。
胸の中をモニター画面で見ながら、背骨の近くになる交感神経の束を切断する治療法です。
内視鏡外科手術は、手術の時間は片側で20分程度、左右両方の交感神経の切断が必要になります。
傷跡もとても小さく目立たない上に、入院の必要もありません。
内視鏡外科手術は、多汗症の人にとっては嬉しい治療法で、治療後は脇の下や首の汗に加えて手のひらの汗もなくなります。
また顔や頭部の汗も少なくなることもあるのです。

 <  前の記事 多汗症の治療方法  |  トップページ  |  次の記事 多汗症の臭い対策(クロロフィリン配合サプリメント)  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症対策まちがえないで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。