Top >  多汗症対策 >  多汗症対策に高温手足浴と方法

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

デトランスα
医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント。ヨーロッパでもリピーターが続出!深刻なワキのニオイ、汗に本気で悩んでいる方のために開発されました。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

多汗症対策に高温手足浴と方法

高温手足浴が、多汗症の汗と臭いの対策・軽減するために効果的な入浴法と言われています。
高温手足浴のやり方は、ひじから先とひざから下だけをお湯につけて、43〜44度くらいの少し熱めのお湯で10〜15分間入浴する方法です。
高音手足浴では、手足を熱い温度のお湯につけることで手足の先端に集まっている多くの交感神経を刺激して、汗を出やすくし、身体の中の余分な汗を出し切ります。余分な汗を出してしまうことで、多汗症の汗や臭いを軽減します。
また熱いお湯で、手のひらや足の裏を温めることで汗腺機能を活発化させて発汗を促しましょう。
高温手足浴で汗を出したら、次は36度くらいのお湯に全身つかって、交感神経をリラックスさせます。
高温手足浴を10〜15分したあと、ぬるめのお湯につかってリラックスする入浴法です。
多汗症の汗や臭い対策をしましょう。

 <  前の記事 多汗症対策と肥満の関係  |  トップページ  |  次の記事 多汗症対策とエチケット  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症対策まちがえないで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。