Top >  多汗症対策 >  汗対策とその方法

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

デトランスα
医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント。ヨーロッパでもリピーターが続出!深刻なワキのニオイ、汗に本気で悩んでいる方のために開発されました。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

汗対策とその方法

治療の必要のない生理的な多汗と特殊な病気の症状の多汗、多汗にはこの2種類があります。
これから暑くなると、普通の人でも汗がダラダラと流れ、またスポーツをしている筋肉の発達した人でも、発汗が多くなります。
顔を始めとして、頭皮、脇の下、胸、お腹、掌、足の裏、膝の裏など、身体の中心や関節部分に汗をかきやすいといえます。
30度以上の暑さにもなると、殆ど全身の毛穴が全開し汗を噴出させます。
汗は本来、無臭で臭くはありません。
しかし毛穴周辺や皮膚、毛の雑菌と混ざり合うことにより悪臭を放ちます。
ですので、汗をかいたらすぐに乾いたタオルで拭くようにしましょう。
また脱毛できる場合は、雑菌の繁殖を防ぐためにも脱毛するとよいでしょう。
そしてウェットタオルや冷たいおしぼりで拭くと、汗を抑える効果があります。
また消臭効果・殺菌効果が高めるためには、酢を薄めた水で拭くとよいでしょう。
デオドラントスプレーなどと違って食品なので安心です。

 <  前の記事 多汗症治療と心療内科  |  トップページ  |  次の記事 多汗症とアポクリン汗腺除去  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症対策まちがえないで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。