Top >  多汗症 >  多汗症対策と肥満の関係

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

デトランスα
医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント。ヨーロッパでもリピーターが続出!深刻なワキのニオイ、汗に本気で悩んでいる方のために開発されました。

注文殺到!ワキガ対策に人気のジェル
ワキガにお悩みの方、お子様の体臭が気になるお母さんへ、【100%天然素材の無臭デオドラント剤】が只今大人気です。

多汗症対策と肥満の関係

肥満体型の人は、多汗症になる人が多いと言われています。
ですので、多汗症対策としてダイエットや肥満解消も有効です。
また内蔵脂肪が多ければ多いほど、汗の量も多くなるといわれ、太った人に汗かきの人が多く見られるのはそれが原因かもしれません。
身体は汗をかくことで体温調節をしています。
肥満になって皮下脂肪が厚くなると、熱が身体の外に出にくくなります。
その厚い皮下脂肪が妨げとなってしまっているのです。そのため、上昇した体温を下げるために身体はたくさん発汗させなくてはならなくなり、その大量の発汗が、多汗症の原因にもなるのです。
また内蔵脂肪の多い人は、血液中にある脂肪酸の濃度も濃くなりやすく、そのため動脈硬化を起こして血流が悪化します。
血流が悪化するということは、身体の外へ熱を出すことが妨げられてしまうので、多汗症の原因になるのです。肥満であるということは、多汗症対策にも大きく関係しているのです。

 <  前の記事 多汗症とわきがの皮下組織吸引法  |  トップページ  |  次の記事 多汗症対策に高温手足浴と方法  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「多汗症対策まちがえないで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。